お金の貯金や運用はルール作りが大切の説明です。

お金の貯金や運用はルール作りが大切

"お金の管理はただ闇雲に節約したり、思いつきでできるものではありません。何事も目標を達成するには努力をこつこつと継続する必要がありますが、貯金やお金の運用もこつこつ努力が必要でルール作りを行って地道に取り組むことが大切だと思います。

特に貯金に関しては収入と支出を計算して一定額を貯めていくなど自分で家計においてルールを決め徹底する必要があります。月ごとに、いくら苦しくてもこの金額は最低貯金すると一旦決めると必ず貯金するように実行する強い意志が必要です。それを自然とできるのが給料からの天引きなので社内預金制度がある会社はそれを利用するのがよい方法だともよく言われます。自由に使えるお金が余れば全部使わずに半分は貯金にまわしたり、小銭はすべて貯金箱に入れるなどルール化すると確実に貯金が実行できていきます。

運用についてもルール作りが必要です。ギャンブルとは違うのでいくらまでなら投資するかリスクを考えて自分で引き際や限度額などをルール化する必要があります。堅実に決してギャンブルにならない資金運用が大切なのではないでしょうか。"