先取り貯金が有効ですの説明です。

先取り貯金が有効です

" 大概の人はみんな、手元にお金があると使いたくなってしまいます。お金があるとついつい使ってしまいます。
毎月、給料日前に残ったお金を貯金しようと思ってもなかなかできるものではありません。
なので、お金を有効に貯蓄する方法は、先取り貯金です。
例えば財形貯金なんかは給与天引きですから、貯蓄している感覚ではなく、税金など控除金だという感覚だと思います。
また、財形貯金の方が一般の貯金に比べると利息もいいですから、長きに貯蓄を考えている場合なんかは特に財形貯金をお勧めします。ただし、財形貯金は5年以上経過しないと解約できませんので、短期の目的で貯蓄する人には向いていません。
住宅の購入資金としてとか、車の購入資金として5年以上貯蓄する場合などの有効です。
また財形貯金を掛けていると、住宅ローンの借入をする時に、金利が優遇されるというメリットもあります。
財形貯金が難しい場合は、定期積金です。毎月1万円を給与振込み日に口座から落ちるようにしておけば、天引きと同じ効果があると思います。"