生命保険は大事ですよの説明です。

生命保険は大事ですよ

"生命保険というと、「よくわからない」と言う人が多いイメージがあります。
そのため、あまり興味が持てなくて、
「いつかは入らなきゃなあ」
と思いながら、先延ばし先延ばし、にしている人って多いんじゃないでしょうか。

私も同じで、全く興味がなかったのですが、
友人の誘いで生命保険会社の営業を経験したことで、
がらっと変わりました。

とりあえず、自社、他社とも、
保険証券を見れば内容がわかるようになりました。

そうなると生命保険の大事さも感じるようになりました。


しかし、
「病気やケガをしないともらえない」
とか、
「何もなくて使わなかった時、損だ」
という考えも根強いようですね。

なので最近では、「生きている間にもらえる」保障が
増えてきているようです。

時代の流れですね。


私は、去年事故に会って、
入院、仕事のリタイアなど経験しました。
収入が無くなったとき、生命保険でもらえる保険金は本当にありがたかったです。

「お守りのためにお金を払うのはもったいない」
という考えの人もいますが、
お守りだからこそ持っておいた方がいいのが生命保険です。

「病気になる気がしない」
っていう人でも、
いつ大けがをするかわかりませんしね。

各社によっていろいろ特徴があるので、
見比べてみると面白いですよ!"