生命保険に加入することの説明です。

生命保険に加入すること

"就職したと同時に会社に訪れた生命保険のセールスレディに言われるがまま生命保険に加入しました。あまり内容も知らずにいたのですが家族を持ってから生命保険の重さを感じています。
生命保険は自分に万が一のことがあれば保険金がおりるものです。決して自分では使うことができません。家族や大切な人に残すための保険です。家族がいればなおさら自分がいなくなった後のことを考えると保障は厚くしたいと思うわけです。
ただし子供にお金がかかる時期というものは毎月の保険料は家計に負担になるわけです。それを乗り越えていかなくてはならないので結構厳しいと思います。しかし保険金分の貯金ができるのかといわれるとそういったことはできないのでやはり保険は必要かなと思います。
生命保険に加入して思うことは安心が得られるということです。自分に何かあってもその後の家族の生活が保障されるわけです。守るものができてからはなおさら保険の大事さがわかるようになりました。"