意識が変わった生命保険の説明です。

意識が変わった生命保険

"簡単に言うと独身時代のときと結婚してからと比べると、やはり生命保険というもの必要だなと強く実感しました。
それまでは、独身時代は当然、自分だけを考えればいいため必要性を感じていなかったので全く興味がなかったのは致し方ないことだったのかもしれません。
結婚してからも、実はそこまで必要性を感じていませんでした。とりあえずは、嫁が暫く食べていけるぐらいの生命保険に入ればいいかな程度でした。

一番、大きく意識が変わったなと思ったのは子供が出来てからでした。
それまで、漠然とある程度のものは必要だなとは感じていましたが、実行に移すまでには至りませんでした。
ですが、子供が出来、嫁がつきっきりになった姿を観ていたら、これじゃお金を稼ぐことは出来ないと強く思ったのです。

それからの行動は早かったです。数年は食べていけるような契約に変えて、一応は何かあったときでも何とかなる程度のもを選択しました。
やっぱりライフスタイルが変わらないと、こういった保険に目を向けないということを強く実感した次第です。"